2021/09/03 自治会からの報告

亀岡市旭町にコウノトリが帰ってきた

令和3年9月3日(金)の朝「グワ グワ」という鳴き声がしました。いつもの鳥の鳴き声とは違ったので周りを見回すと、なんと「コウノトリ」が鉄塔に止まっていました。思わず「わぁー」と声が出てしまいました。

稲刈りシーズンの頃になるとこの2年前ぐらいから「コウノトリ」が亀岡市旭町にやってきます。今年は「どうだろう」という声がでていたのでとても嬉しく思います。

高い鉄塔の上から、亀岡市旭町という街並みを見つめていてくれていました。

この街に「幸せ」を運んでくれることを願います。

0
スポンサーリンク

例年でしたら「敬老の日」には75歳以上の方を対象に敬老祝賀会を旭町で開催しておりました。しかし、昨年度と同様新型コロナウイルス感染防止の為亀岡市すべてが中止となりました。その代わりに、亀岡市長様のメッセージカード、旭町自治会より「なごみの里あさひ」の商品券をお渡しすることと致します。皆様が笑顔で楽しい毎日を過ごされますことを願っています。

令和3年度敬老の日亀岡市長からのお祝い動画メッセージ

桂川市長のお祝いメッセージと、亀岡市の昔と今のまちなみ写真が流れます。

ぜひご覧ください。

来年こそは、敬老祝賀会で皆様の笑顔が見られることを願っています。それを楽しみに健康で楽しい毎日を過ごされますことを願っています。

0
スポンサーリンク

令和3年8月25日(水)旭コミュニティグラウンドにある慰霊碑の掃除と自治会周辺の草刈り清掃を行いました。まず慰霊碑の掃除担当と自治会周辺草刈り担当と二手に分かれて掃除開始です。

9月5日(日)に開催予定の「慰霊祭」(昨年度と同様役員のみでの開催)を前に、慰霊碑周辺や自治会周辺の草刈り清掃を行って頂いたおかげで、気持ちよく開催することができます。

朝早くから役員の皆様ご苦労様でした。そしてお疲れ様でした。

0
スポンサーリンク

亀岡市旭町出身の入江龍成さん(20)早稲田大学3年生が、9月にトルコで開催される「2021オリエンテーリングジュニア世界選手権大会」に日本代表として出場する。愛宕山等を走って鍛えた脚力と、地図を読み解く力を駆使し、世界の舞台に初めて立たれます。8月14日京都新聞で紹介されています。内容は下記の通りです。

亀岡川東学園から洛南高の陸上競技部を経て早大に進学した。高校までは5千メートルランナーだったが、進学を機に競技の視野を広げようと強豪の早大オリエンテーリングクラブに入った。同競技は、地図とコンパスを頼りに山林設定されたポンとを順番に回り、ゴールまでの時間を争う。山林を走り続ける体力に加え、地図を瞬時に読み取りルートを決める能力も問われる。「マイナー競技ですが、場所によって異なる地形を走るのが魅力」という。大学3年間で各種大会に出場し、技術を磨いてきた。新型コロナウイルスの感染拡大で昨年は大会中止が相次いだため「亀岡市の自宅から愛宕山を経て嵯峨嵐山(京都市右京区)までを約1時間40分で走り抜ける練習を積んだ」という。5日に亀岡市役所を訪れ「頑張ってきます」と桂川孝裕市長にあいさつ。桂川市長は「地元として応援できることはしたい」と、支援金を市役所内で募るなとして応援する意向を伝えた。大会は9月5日~10日、トルコのイスタンブールである。既に新型コロナワクチンも接種済みで事前にトレーニングも兼ねクロアチアの大会に出場するため、17日出国する

今、新型コロナ感染拡大のため、数々の行事が中止・延期となっている中、亀岡市旭町出身の入江龍成さんの世界大会出場のニュースが舞い込んでとても嬉しく笑顔が生まれます。入江龍成さんの活躍を亀岡市旭町でも応援していきたいです。

0
スポンサーリンク