旭町杉区にある「株式会社ニッシン」を訪問しました。応対していただいたのは,代表取締役社長の 横江浩司様、管理部部長の川辺弘司様でした。1948年(昭和23年)に「日進歯材研究所」として創業、1963年(昭和38年)亀岡工場完成。2000年(平成12年)亀岡新工場(ニッシンデンタルマテルアルFC)完成。その頃、本社機能を亀岡に移転。今では、海外(中国・メキシコ)へも進出をされています。

歯科技工材料の製造からスタートし、その後事業化した歯科教育模型分野では、国内シェア98%がニッシンの製品。さらには、ネイル事業に業務を広げておられるます。

歯科材料をつくっている新工場(東側の工場)と歯科模型など教材をつくっている旧工場(西側の工場)を見学させていただきました。工場内は、石膏などの粉塵が舞っているのではと思っていたのですが、とてもきれいな環境でほこりなど全くなく、見学者がたち入れない部屋も多数ある環境でした。

今年で創業70年を迎えた株式会社ニッシン。私たちが子どもの頃から「歯工場(は こうば)」となれ親しく呼び、母・祖母がパートとして働いていたニッシンが、この旭の地域にあることを誇りに思いました。

(文貴 岸本  晃)

会社名:株式会社ニッシン
事業所:管理本部 デンタルマテリアルF.C.
所在地 〒621-0001 京都府亀岡市旭町樋ノ口88
HP: http://www.nissin-dental.jp

0
スポンサーリンク