2019/11/27 おしらせ

水鳥の道 馬路駐在所ミニ広報誌令和元年12月号

年末の特別警戒活動の実施

令和元年12月1日(日)~12月31日(火)

年末には、商取引や買い物など現金の流通が頻繁となり、それに伴って、金融機関やコンビニエンスストア周辺での強盗やひったくり、帰省・旅行中の侵入窃盗、特殊詐欺など各種犯罪の発生が予想されます。京都府警察では、これらの犯罪を未然に防ぎ、皆さんが安全で安心して良い年の瀬を過ごせるよう、金融機関主変での警戒や街角での被害防止の呼びかけなど、特別警戒活動を実施します。

飲酒運転は絶対にダメ❕

年末年始は、忘年会や新年会などで飲酒する機会が増え、飲酒運転による交通事故の増加が懸念されます。ドライバーはもちろん。周囲の人も「飲酒運転をしない・させない」という気運を高め、飲酒運転を社会から根絶しましょう。

令和元年12月1日より・・・・・

運転中の携帯電話使用等に関する罰則が強化されます。

交通の危険を生じさせた場合・交通の危険を生じさせなかった場合(保持)があります。下記のPDFを参照の上、ご注意下さい。

文化祭で防犯啓発活動を実施❕

11月3日に行われた文化祭で馬路町では、防犯推進委員さんが梨のたたき売りコーナーで「サギはナシ」を合言葉に、特殊詐欺被害の未然防止をよびあける啓発活動を実施。同じ日に旭町文化祭では、町民の方に防犯意識を高めて頂けるよう、防犯推進委員 旭支部の皆さんと「いかのおすしの唄」などを演奏しました。

1

お気軽にコメントしてくださいね。